「unbound」タグアーカイブ

FreeBSD10.0でunboundを使ってローカルDNSサーバ

FreeBSD10.0では長年慣れ親しんだbind(named)がportsにお引っ越しとなり、代わりに標準でunboundが使えるようになったので、設定。
といっても、unboundでDNSキャッシュとローカルコンテンツサーバとして動かす分には殆どやることはない。
余りに簡単で忘れそうなのでメモも兼ねて残しておく。

まずは/etc/resolv.confにDNSの設定がされており、普通にインターネット接続出来ている事。
その状態で/etc/rc.confに次の一行を追加する。
portsから入れるunboundと区別するためにlocal_unboundとなっている。

local_unbound_enable="YES"

続きを読む FreeBSD10.0でunboundを使ってローカルDNSサーバ