「git」タグアーカイブ

RedmineからGitBucketのリポジトリ参照設定

RedmineとGitBucketを別々のjailとして立ち上げた場合、Redmineの特徴でもあるgitのリポジトリ連携がそのままでは出来ない。

解決する方法は以下の2つ。

a. それぞれのjailが同一FreeBSDホスト上である事を利用して、GitBucketサーバのリポジトリをnullfsでRedmineサーバと共有する。
b. redmine_github_hookを利用する。

簡単なのはa.の方法だが、同一FreeBSDホスト上のjailでなければならない事からより自由度の高い2.の方を試す。
(a.の方法はわざわざ試すまでもないですし)
続きを読む RedmineからGitBucketのリポジトリ参照設定

FreeBSD 10.0 jail環境にredmineを入れる(pkgとsqliteで手抜き版)

以前にFreeBSD 9.1にportsから手作業でredmineをインストールしましたが、FreeBSD 10.0ではpkgで楽にインストール作業が出来る様になっていますので作り直した際のメモ。
2016-06-27 追記
redmineはパッケージの依存関係が非常に厳しいので、ホスト環境のOSバージョンの影響を受けやすいjailよりもbhyveでredmine専用に独立させた仮想VMを立てた方が問題が起きにくく運用も楽です。ということで移行方法を簡単に纏めてみたのがこちら

環境を作り直すにあたり、ローカル環境で使うだけなので管理が楽な様にapache + passenger経由で動かしていたのをthinサーバへ、DBをMySQLからsqliteへとそれぞれ変更しています。

構成を見直して整理した結果パッケージがredmineとgitだけとなりましたので、jailを立て始めてからブラウザでアクセスできる様になるまで大体10分程度で終わります。
続きを読む FreeBSD 10.0 jail環境にredmineを入れる(pkgとsqliteで手抜き版)

FreeBSD GitBucket on jail(お手軽版)

以前にredmineでredmineを立ち上げて見ましたが、リポジトリの管理だけ出来ればあそこまでの必要は無いという用途も結構多いです。正直、GitHubで用が足りるという事ですが、もっと簡単にローカルのリポジトリを管理したいという様な用途にGitHubのクローン環境としてお手軽に設置出来るGitBucketを動かしてみました。

tomcatやjetty、glassfishを動かしてその中でGitBucketを動かしても良いのですが、せっかく簡単に立ち上げられるのが特徴のGitBucketを動かすためにtomcat環境とか作ってたら何かアンバランスな気がするので、リポジトリ専用にjailを立ち上げてそこで直接GitBucketを稼働させる事とした。

ということで、基本的な流れは

  1. リポジトリ専用jail環境の構築
  2. GitBucketのインストールと自動起動等の設定

の2段構えで以下に記述します。
jailを起こすところから始めても慣れれば10分程度で出来ます。
その際にGitBucketのリポジトリディレクトリをjailの中ではなくVIMAGEホストのディレクトリをマウントする事で、バックアップや世代管理等の運用が少しだけ楽になるように準備も行います。
続きを読む FreeBSD GitBucket on jail(お手軽版)

FreeBSD git-httpd-backendでgitリポジトリに認証なしのアクセスするとか

gitリポジトリサーバを立ててpush/pullする方法にはssh://~だったりgit://~だったりhttp://~だったりいろいろあるが、ローカルで簡単に使いたい場合にいちいち認証とか面倒なのでそういう設定の手順をメモ。

大前提として世界に公表するサーバには置かない。

続きを読む FreeBSD git-httpd-backendでgitリポジトリに認証なしのアクセスするとか