Skip to content


CARRY ME シートクランプ交換

CARRY MEは非常に良くできたフォールディングバイクだけれども、以前からシートクランプだけはいただけない点があった。

  • 締め付け力がいまいち。
  • 強く締め付けようとすると手に痛い。
  • 緩めた上体でレバーが簡単にくるくる回ってしまうので、締め付けトルクの確認が毎回必要。

ということで交換を決意。とはいえ、特に軽量化命、1gでも軽くみたいな思いもないので上記3点をクリアすることを優先で選択。選んだのがTOKEN TK1685TI HERO シートクイック

 

レバーの先端が純正シートクランプと逆に手に馴染む感じが気に入ったのと、色が車体とおそろいっぽいので。

交換はシートポストを引き抜いて、シートクランプの前方にある小さなねじを外し、シートクランプを上に抜くだけ。なのだけれども、純正のリアキャリアが純正シートクランプ基部でねじ止めする構造なので、こちらも取り外さないといけない。

新しいシートクランプの取り付けは上から嵌めるだけなので特に何も無し。適度にしまったところで特にぐらつくこともないので非常に簡単。もし止めたければネジロックでも1滴たらしておけばOK。

レバーを緩めた上体でも根元のくぼみで位置が保持される。一度調整すれば簡単に狂うこともなさそうな点。実はココが一番重要なポイント。また、上から見れば明らかなように純正と反対に内側にカーブした形状と先端の面積が広いため閉めるのも開けるのも手に優しく、しっかりと締め付けられる。

フロントにリクセンカウルアダプタのバッグやカゴがつけられるので積載能力的にはあまり必要性はなかったリアキャリアだけれど、スタイルは気に入っていたのでつけられなくなったのはちょっと残念。

とはいえ、近所の公園までポタって来た感触は非常に良かったので、交換は満足でした。

Posted in CARRY ME.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.