Skip to content


jail上のredmine 2.5.2からbhyve上のredmine 3.3への移行

以前にjail環境上に構築したredmine2.5.2の内容が大分最新版から置いて行かれて寂しい思いをしているので、この際bhyveに新しくFreeBSD 10.3の環境を作り、そこにRedmineの配布サイトから最新バージョンを持ってきてインストールしデータを移行する、みたいな野望。現時点での最新バージョンは3.3.0

※ 2016-06-27追記
その後、試していて3.3.0はいろいろとまだ動作が怪しいところがあるので3.2.3に変更した。入れ替えの手順は同じ。

なお今回はredmine本体はpkgを使わずに突っ込む。

基本的な流れはざっくりこのような感じ。

  1. bhyveで新しいインスタンスを生成。
  2. ruby関係をpkgで入れる。
  3. redmineを展開 & 設定ファイル修正。
  4. 旧環境よりデータをコピー。
  5. DBの更新。
  6. 動作確認テスト。
  7. service起動の環境設定。

 

1. bhyveで新しいインスタンスを生成

手順はFreeBSD bhyve + vm-bhyveでゲストにFreeBSD環境を入れてみるの通りなので今回は省略。

 

2. ruby関係をpkgで入れる

こんな感じでばっさりいきます。

共連れでgemに対応したrubyがインストールされる。
他、ImageMagick等も一緒に入るのでまかせて安心。

 

redmineを展開 & 設定ファイル修正

Redmineの配布サイトから最新バージョンを入手して、/usr/local/www下に展開。

旧環境から以下のファイルをコピーする。

プラグインも最新版に更新すること。大概は各プラグインディレクトリ下で”git pull”することで更新される。

 

DBの更新

いよいよ佳境。

ひとまず完了。

 

動作確認テスト

コマンドラインからwebrickで起動しブラウザでアクセスしてみる。

http://[サーバーIP]:3000/にアクセス。
確認できたら、Ctrl + Cでサーバーを終了。

 

service起動の環境設定

redmineをパッケージとして入れていないので起動スクリプト等がない。
ないものは作るしかないので適当に作成。
/usr/local/etc/rc.dの下に”redmine”のファイル名で以下の内容をコピーして保存。

実行フラグを立てておく。

/etc/rc.confに下記の設定を追加。

ポート80で動作させるためにあえてユーザーをrootにしてある。
外部公開しないローカルだけの運用なのでまあ良しとする。
serviceとして起動し、ブラウザから”http://[サーバーIP]/”でアクセスできたら完了。

Posted in FreeBSD.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.