Skip to content


RedmineからGitBucketのリポジトリ参照設定

RedmineとGitBucketを別々のjailとして立ち上げた場合、Redmineの特徴でもあるgitのリポジトリ連携がそのままでは出来ない。

解決する方法は以下の2つ。

a. それぞれのjailが同一FreeBSDホスト上である事を利用して、GitBucketサーバのリポジトリをnullfsでRedmineサーバと共有する。
b. redmine_github_hookを利用する。

簡単なのはa.の方法だが、同一FreeBSDホスト上のjailでなければならない事からより自由度の高い2.の方を試す。
(a.の方法はわざわざ試すまでもないですし)

(1) redmine_github_hook pluginの導入
redmineのpluginsフォルダに移動し、githubよりクローンを取得。

クローン取得後、redmineを再起動する。

(2) redmineサーバに参照したいリポジトリのミラーを作成する。

ローカルリポジトリディレクトリはredmineサービスからアクセス可能なパーミッションに合わせておく事。

(3) redmineプロジェクトに作成したリポジトリのミラーを登録する
redmineのプロジェクト>>設定>>リポジトリ画面から『新しいリポジトリ』をクリックして登録画面を表示させる。
入力内容は以下の通り

redmine_github_hook pluginはプロジェクトIDとここで作成したリポジトリ識別子で対象のリポジトリを処理するために識別子は作成しておく事。
リポジトリのパスは(2)で作成した”/usr/local/repos/<参照リポジトリ>.git”をそのまま入力する。

repo-to-roku

(4) (GitBucket側)対象リポジトリにredmine_github_hook pluginを呼び出すフックを登録する

GitBucket画面で対象となるリポジトリを選択し、Settings>>Service Hooks画面を表示させ、”WebHook URLs”欄に以下のフォーマットでredmine_github_hook pluginを呼び出すフックを入力し、”Add”ボタンで登録する。
“Add”の前に”Test Hook”で連携をテスト出来る。

[identifier]: redmineのプロジェクト>>設定>>情報画面の識別子
[repository]: (3)で登録したリポジトリの識別子

git-hook

例としてredmine画面のURLが”http://rminesv/”、プロジェクト[identifier]が”project-1″、リポジトリの識別子が”samplerepo”である場合、登録する書式は以下の様になる。

以上でredmineのプロジェクト画面からリポジトリが参照できる様になる。

Posted in FreeBSD.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.