Skip to content


FreeBSD 10.0 jail環境にredmineを入れる(pkgとsqliteで手抜き版)

以前にFreeBSD 9.1にportsから手作業でredmineをインストールしましたが、FreeBSD 10.0ではpkgで楽にインストール作業が出来る様になっていますので作り直した際のメモ。
2016-06-27 追記
redmineはパッケージの依存関係が非常に厳しいので、ホスト環境のOSバージョンの影響を受けやすいjailよりもbhyveでredmine専用に独立させた仮想VMを立てた方が問題が起きにくく運用も楽です。ということで移行方法を簡単に纏めてみたのがこちら

環境を作り直すにあたり、ローカル環境で使うだけなので管理が楽な様にapache + passenger経由で動かしていたのをthinサーバへ、DBをMySQLからsqliteへとそれぞれ変更しています。

構成を見直して整理した結果パッケージがredmineとgitだけとなりましたので、jailを立て始めてからブラウザでアクセスできる様になるまで大体10分程度で終わります。

まずは専用にjail環境を起こしますが、手順はGitBucketの時と同じなのでそちらを参考にしてもらう事として、jail内に入ってからの作業を記載します。

 

(1) pkgからredmineとgitのインストール。

後でリポジトリ連携するので、redmineと一緒にgitもインストールしておきます。

(2) redmineの設定ファイルのコピー

(3) 設定ファイルの修正
DBにsqliteを使うので以下の様にdatabase.ymlを修正。

(5) redmineログのローティションの設定
一定サイズ毎にログのローティションが行われる様に設定を追加。
(下記は1MB毎にローティションを行い、7つまで残して古い方から削除する例)

(6) 必要なgemの確認と不足分のインストール

(7) セッションデータ改竄防止用鍵の作成、DBへのテーブル作成、デフォルトデータの登録。

(6) 起動スクリプト”rc.d/redmine”の修正
自動で作成される起動スクリプト”/usr/local/etc/rc.d/redmine”のままだとなぜかruby20の呼出しに失敗してエラー終了するので以下の様に修正しPATHの追加を行う。

(7) /etc/rc.confへredmineサービスのオプション設定を追加
redmineサービス有効化し、ポート80、”root”ユーザで起動する様に設定を追加。
標準ではポート3000、”www”ユーザーで起動するが、1000以下のポートを使って起動させるためにあえてrootユーザに変更している。標準のままなら”redmine_flags”以下をコメントアウトしておく事。

(8) redmineサービスの起動

ブラウザから”http://<redmineサーバのURL”にアクセスし、ログイン画面が表示されたら成功。
管理者の初期IDとパスワードは”admin / admin”。
(9) おまけ: アップデート作業
アップデート時は、”service redmine stop”でredmineサービスを停止後に以下のフォルダのバックアップを作成してから作業する。

pkg upgradeで通常通りアップデート実施後、データベースの更新を行う。

プラグインをインストールしている場合はプラグインについてもデータベースのマイグレーションを行う。

キャッシュとセッションファイルのクリア

redmineサービスの起動。

Posted in FreeBSD.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.