Skip to content


FreeBSD tt-rss+fever plugin+iPhone & iPad RSS Readerの組み合わせ

Google Readerが廃止されてから一旦Fresh Readerに移っていましたが、iPhone & iPad(mini)のRSS ReaderのReeder等から快適に使いたい欲求は抑えきれず、tt-rss(TinyTiny RSS)を導入し、fever pluginと組み合わせる環境に移行しました。
tt-rssはFreshReaderと同じくサーバ稼働型RSSリーダーですが、FreshReaderの開発が終了しているのと異なり、今も継続的に開発が続けられplugin機能により機能拡張が可能です。fever pluginは本来はFeverというサーバ稼働型RSSリーダーが備えているAPIをエミュレートすることで、Fever用クライアント機能を持つRSSリーダーからtt-rssを利用出来る様に橋渡しをしてくれます。
Feverに対応したiOS用RSSリーダーには定評の高いReeder, Mr.Reader, Unread, Fiery Feeds等があります。
この環境で約半年くらい使っていますが概ね快調。

必要な手順は

  1. MySQL、Apache、PHPが使える状況にしておく。(今回は省略)
  2. MySQLにtt-rss用のDBとユーザーを追加。(今回は省略)
  3. tt-rssのインストール。
  4. Apacheにtt-rssの設定追加。
  5. tt-rssの初期設定。(ここまで完了した時点でブラウザからの利用が可能となる)
  6. fever pluginのインストール。
  7. feverをサポートしたiOS用RSS Readerへ設定追加。

で完了。tt-rssはOPMLのインポートに対応しているので移行は簡単でした。MySQLとapacheの環境は既に用意してありましたのでインストールして稼働まで10分程度しかかかってません。

tt-rss用のDB、ユーザー追加まではMySQLの設定が面倒なら定番のphpMyAdminあたりを使えば簡単で、特にtt-rssに限った話はないので今回は省略します。

 

tt-rssのインストール

tt-rssはFreeBSDのportsに入っているのでpkgを使ってお手軽にインストール。

ちょっと長いですが全く何も設定していない状態でpkg installをかけるとこんな感じになります。

 

Apacheにtt-rssの設定追加

tt-rssをブラウザからアクセス可能とするために、apacheに設定を追加します。

テンプレートがありますので、そちらをコピーして、必要であれば修正。

apache24では多少記述が変わりますのでこんな感じに修正することになります。(sample)

ここまで完了したところでapacheを再起動します。

 

tt-rssの初期設定

特にありませんが、ここまでが上手く出来ていればブラウザから http:<アドレス>/tt-rss/install/ にアクセスすることで設定画面に飛びます。
後はおきまりのDB関係の設定を行えばOK。
上手くいかない場合は/usr/local/www/tt-rss/config.phpを削除またはリネームしてリトライしてみて下さい。
設定が完了したらブラウザからの利用が可能となります。初期ユーザー名とパスワードは”admin”と”password”ですので最初に自分用のユーザーとパスワードを作成し、adminユーザーは忘れずに使用不可にしておくこと。

RSSフィードの定期的な収集を行わせるために、/etc/rc.confへ以下のttrssdの起動設定を追加します。

ttrssdをすぐ動かす必要があるなら、service ttrssd start を実行。

 

fever pluginのインストール

このままではただのserver稼働型のRSSリーダーでしかないので、fever APIをエミュレートするfever pluginを追加追加することでfever対応のRSSリーダーと連携できる様にします。
fever pluginはいろいろ試したところ、最初にtt-rssフォーラムにDigitalDJ氏が投稿したバージョンをベースにmurphy氏により改良されたdigitaldj & murphyバージョンが各種クライアントとの相性や読み込みのパフォーマンス等が今のところ一番いい感じなのでこちらを使用します。
オリジナルのpluginではサーバ側でfeedを全てキャッシュしてからおもむろに転送が始まる感じで未読が100を越えたあたりから非常に待たされましたが、digitaldj & murphyバージョンはsyncを開始するとすぐにカウントが上がり始め、syncの途中でも読み始めることができるしレスポンスが非常にいいです。feedlyやgoogle readerを使っていた時よりも早く感じることもあります。

 

 

次に、ブラウザよりtt-rssにログインを行い、右上の”操作”→”設定”→”プラグイン”と進み、”ユーザープラグイン”の中にある”fever”の項目をチェックして”選択したプラグインを有効にする”を押します。

 

fever plugin有効化

 

設定に”Fever Emulation”項目が追加されていますので選択し、”Set a password to login with Fever:”にfever APIで接続する際のパスワードを設定するとプラグインの設定は完了。

 

fever Emulation設定

fever APIをサポートしたRSS Reader(Reeder, Mr.Reader, UnreadFiery Feeds等)からアクセスする際は、URLはブラウザでアクセスする際のURLの後ろに/plugins/fever/を追加したものになります。

ex: http://exsample.com/tt-rss/plugins/fever/

ユーザー名は設定したユーザー名、パスワードは先ほどのFever Emulationで設定したパスワードを入力。

なお、外部からのアクセスを考えるとデフォルトのhttpではなく、SSLでの設定としておいた方が良いと思います。

 

2015-02-12追記

pkg upgradeでtt-rss-1.15.3.150208へ上げたらエラーが発生。
/usr/local/www/tt-rss/config.phpに以下の一文を追加した。

tt-rssのバージョン管理はpkgで行うため’false’としている。

 

2016-07-22追記

tt-rssをjailからbhyve上に移し、DBをMySQL専用の別インスタンスにしたらttrssdが起動しなくなった。

/usr/local/etc/rc.d/ttrssdの中で以下の様にmysqladminで接続可能かチェックしているのにMySQL Serverがlocalhost前提のためにエラーとなっていた。

幸いこのチェックを停止する事はできる様で、/etc/rc.confに以下の1行を追加した。

2017-10-07追記

tt-rssのバージョンアップでfever pluginでエラーが出ていた。

git pullしても修正が入っていないので、Feeds no longer sync to Reeder for iOS after updating TT-RSS and Fever #31を参考に直接fever_api.phpの561行目の

に修正してローカルコミット。

Posted in FreeBSD, iOS S/W.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.