Skip to content


FreeBSD10.0でunboundを使ってローカルDNSサーバ

FreeBSD10.0では長年慣れ親しんだbind(named)がportsにお引っ越しとなり、代わりに標準でunboundが使えるようになったので、設定。
といっても、unboundでDNSキャッシュとローカルコンテンツサーバとして動かす分には殆どやることはない。
余りに簡単で忘れそうなのでメモも兼ねて残しておく。

まずは/etc/resolv.confにDNSの設定がされており、普通にインターネット接続出来ている事。
その状態で/etc/rc.confに次の一行を追加する。
portsから入れるunboundと区別するためにlocal_unboundとなっている。


その状態でunboundサーバを開始すると初回にlocal-unbound-setupが動いてresolv.confの設定を書き換えunboundを参照するように修正されると共に、/var/unbound (/etc/unboundにsymbolic linkあり)に設定ファイルが作成される。

単純DNSキャッシュとして使うだけなら/var/unboundのunbound.confとforward.confをいじる必要は無いけど、ローカルLANの簡易DNSコンテンツサーバとしても使うためにちょっとだけ修正したのが以下。

修正したらunbound-checkconfでエラーのないことを確認しておく。

Posted in FreeBSD.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.