Skip to content


iPhoneでbrastel,G-Call,楽天でんわの各第三者課金サービスを使う

楽天でんわサービスが大々的に発表された事でにわかに注目を集めている第三者課金サービス。
携帯キャリア各社とも基本通話料金が21円/30秒と高額なことから10円/30秒前後の第三者課金サービスを使った通話をきちんと使えばFOMA時代のタイプL相当の通話料金を基本料なしで使える。
050~で始まるIP電話と違い標準の通話アプリの3Gの回線交換で通話できるので基本的に通話品質は通常の音声発信と変わらない。また発番号通知が可能なケースではスマートフォンに割り当てられた番号が相手側に通知されるので相手側に余計な手間をかけさせない事もメリット。

利用しやすいところではG-Callbrastel、そして今回発表のあった楽天でんわの3つがあり、それぞれ以下の様な特色があります。

brastel G-Call 楽天でんわ
プレフィックス 0091-2020 0063 0037-68
基本料 なし なし なし
支払い方式 プリペイド
(クレジットカード/コンビニチャージ/PayPal クレジットカードの場合にはオートチャージも選択可能)
ポストペイド
(クレジットカード)
ポストペイド
(クレジットカード)
通話料金 2円/6秒 10円/30秒 10.5円/30秒
発番号通知(携帯宛) あり あり あり
発番号通知(固定宛) あり なし あり
発信用アプリ有無 なし あり (AppStore) あり (AppStore)
備考 発信時に残り通話可能時間のアナウンスあり。
番号通知時に国別番号の”81″が表示される事がある。


実際に通話する場合には30秒単位できっかりという事は希ですので、通話料を考えるとbrastelが最安になります。

iPhoneから利用するには発信用アプリが用意されていればそれを使うというのも手ですが、各社の特徴を理解して使い分けたいとい場合にはアプリで使い分けるのは余り便利ではありません。

 

これらのアプリがやってる事は、要するに電話帳から読み込んだ電話番号の先頭に各社のプレフィックス番号(0063等)を付けてダイヤル発信するだけなので、プレフィックスを付加した電話番号を電話帳に追加しておけばわざわざ別アプリを使う必要はありません。iPhone上だけで追加していこうとすると大変ですがicloud.comの連絡先から編集すれば割と簡単です。

困るのが電話帳に登録していない番号から発信する場合。iPhoneの標準ダイヤルアプリは電話番号の先頭を編集する機能がないため、一旦メモ帳などに電話番号をコピーして編集した後、再度コピーする様な手間がかかる。

 

Edit Before Dial/Callアプリはその手間をちょっとだけ省いてくれる。

 

Edit Before Dial/Call
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
Edit Before Dial/Call

 

アプリから電話帳を開いてダイヤルする流れはこんな感じ。
電話帳画面選択後画面

 

Insertボタンを押すとプレフィックスが追加される。

Edit Before Dial/Call画面プレフィックス追加後画面

Callボタンで発信。

ダイヤル中画面
楽天でんわアプリではプレフィックスを付加しないで直接ダイヤルする対象をホワイトリストとして登録する機能がありますが、正直なところ電話帳にプレフィックスを付けた番号を登録するのと手間は大して変わらない気がしますし、使い分けも難しくなるのであまり使いたくありません。
なにより個人的に楽天でんわはアプリのデザインが大嫌いなので、ホーム画面に楽天のアイコンを置きたくない私は使いません :-)

Posted in iOS S/W.

Tagged with , , , .