Skip to content


FreeBSD 9.1 jail環境にredmineを入れる(手抜き版)

FreeBSD 9.1-RELEASE-p5にredmineをインストールしたのでその際のメモ。

redmineはrubyやrailsやgemや諸々が関係してインストールに苦労する。特にrubyとrailsのバージョンで失敗しやすいので、他のWebサービスとの共存が必要ならapacheのmod_proxyで飛ばすことにして、ruby*が他とぶつからない様にjail環境を起こし動かすことにする。
基本的にcopy & paseteでインストール作業が進む様に纏めた(つもり)。

とか書いてるのに、いきなりjail環境はezjailでサックリ作ったので省略。
make → mysql-serverの設定 & redmine用DB作成 → redmineの設定 → apacheの設定 & 起動
の流れで進む。

redmineをpkgから入れるとrubyが1.8系列になるのでportsよりインストール。
※時間がかかるがひたすら待つ。
※2014-04-30追記: Release 10.0のPKGでは1.9系列になっているので今はpkgからインストールが一番簡単。

mysql-server設定ファイルの作成

mysql-serverをserviceで起動する為の記述を/etc/rc.cnfに追加

mysql-serverの起動

mysql rootパスワードの設定

redmine用ユーザーとDBの作成

redmineの設定ファイルのコピー
(重要)/usr/local/www/redmine/config.ruがrootユーザーのままだとpassengerがnobodyで動作するため開けないページが発生するのでwwwユーザーに変更しておく。

config/database.ymlのDBへの接続情報を修正

必要なgemの確認と不足分のインストール

セッションデータ改竄防止用鍵の作成、DBへのテーブル作成、デフォルトデータの登録。

公開用リンクの作成

apache22と連携するpassengerの設定ファイルを作成
※passengerを更新した場合はこちらも再度実施すること。

apache22用redmine設定ファイルの作成

apache22を起動すればブラウザでアクセス可能になる。

※2014-04-30追記
rubygem-passengerのメンテナのミス? passenger-install-apache2-moduleのbuild時にopenssl hedersが見つからなくてbuildに失敗する事がある。(passenger-4.0.41)
FreeBSDは標準でヘッダーファイルが入っており、チェック方法のミスだけなので該当チェック部分を削除してbuildし直す事で回避。

Posted in FreeBSD.

Tagged with .