pkg_*からpkgへの変更に伴うrep2関係のパッケージ再導入

rep2を動かしているjail環境の保守を楽にするためにパッケージ環境をportsからのmakeからpkgngに変更。

まずは現行のパッケージを全て削除。
pkg_delete -aを行っても設定関係は残るので気にせずgo!

# pkg_delete -a

その後、/var/ports/distfiles/* /usr/local/*から不要になったファイルを削除しておく。
FreeBSD 9.1で初めてpkgを使う場合、最初にpkgのインストールを聞いてきますので”y”でインストールを実行します。

# pkg
The package management tool is not yet installed on your system.
Do you want to fetch and install it now? [y/N]:

でpkgngのリポジトリ作成が行われる。
パッケージ管理をpkgngで行う事を指定するために/etc/make.confに以下の内容を追加する。

WITH_PKGNG=yes

本来はこれだけでOKだが、今はまだpkgリポジトリの運用が上手くない雰囲気なのでiXsystemsが提供しているリポジトリを使わせてもらう事とする。
リポジトリをiXsystems 提供のものに向けるために/usr/local/etc/pkg.confを下記内容で書き換え。

#packagesite: http://pkgbeta.FreeBSD.org/freebsd:9:x86:64/latest
packagesite: http://ftp.pcbsd.org/pub/mirror/packages/9.1-RELEASE/amd64/
PUBKEY: /usr/local/etc/pkg-pubkey.cert
PKG_CACHEDIR: /usr/local/tmp

公開認証鍵をダウンロードして/usr/local/etcに保存する。

# cd /usr/local/etc
# fetch http://trac.pcbsd.org/export/780f3da562b72643c04b47a59d277102a09abbca/src-sh/pc-extractoverlay/desktop-overlay/usr/local/etc/pkg-pubkey.cert

パッケージのアップデートを実施。

# pkg upgrade -fy

そして、ApacheやらMySQLやら関連するパッケージを一気にインストール。

# pkg install vim-lite
# pkg install git
# pkg install apache22
# pkg install mysql-server-5.5.32
# pkg install php5
# pkg install php5-extensions
# pkg install php5-mbstring
# pkg install php5-mysql
# pkg install php5-curl
# pkg install php5-gd
# pkg install php5-openssl
# pkg install php5-zlib
# pkg install pecl-imagick

一行でインストールする場合はこちら。

# pkg install vim-lite git apache22 mysql-server-5.5.32 \
php5 php5-extensions php5-mbstring php5-mysql php5-curl \
php5-gd php5-openssl php5-zlib pecl-imagick