Skip to content


brompton (シート)ポストキーパー追加 & 44T化

bromptonを頻繁に折りたたんで使っていて一番時間がかかっているのがシートポストの調整だったので、加茂屋ブロンプトンポストキーパーを付けてみた。

届いた部品を出してみたところ。今の製品には加茂屋の刻印がないのかな? シンプルでいいけど。

ブロンプトンポストキーバー

サドル下のペンタクリップのボルトを緩めて抜く。

ペンタクリップシートポスト

シートポストの上に残ったゴムのクッションを取り外し、シートクランプを緩めて車体の下から抜く。スルッと抜けます。取説にはあらかじめマーキングしておいた位置から68mm下に貼り付けと書いてあったが、なんか下過ぎる気がしたので目分量で位置決めしてテープ止め。テープは足りなくなったら市販のビニールテープでもOKらしい。左右のズレは後でペンタクリップを締めて付ける時に調整するので気にしない。作業開始から終了まで約5分。割とお手軽でした。

貼り付けた状態

出っ張った部分がここにスコっと入るので一度調整が終わると毎回必ず定位置になる。特に左右の曲りは走り始めてから気になって調整を繰り返す事もあったし、特に夜間は見てもよく判らない。それが展開が一発で決まるのだから爽快。

シートクランプの隙間

加茂屋さんの商品はちょっと変わったのが多いけど、使ってみると確かに便利。

調子に乗ってフロントチェーンリングも44T化。

44T化したbrompton

チェーンは標準の100コマのまま特に切り詰めなくても問題なかったのでそのまま。人によってはリアディレイラーのネジで調整がいるかも?
トップのGD値が下がるので下りで速度は稼げなくなりますが、小径のbromptonでそんなことやりたくないから特に問題なし。
それより左のレバーで切り替える3-4速が常用になって気持ちいい。

Posted in brompton.

Tagged with , .