Skip to content


iPhone5の裏面にダイソー液晶シートを貼ってみた

iPhone5が届いたけど、肝心の液晶シートがどこからも出てこない。
ということで、Webでも紹介されていたダイソーの4.3インチ液晶シートを貼ってみた。

買ってきたのはこの2種類。

4.3インチ 防指紋タイプとキズ修復タイプ液晶シート
今回はあえてキズ修復タイプを貼った。
揃えたのはいつものこれ

セロテープを使ったホコリのテクはいろいろなところで紹介されているけれど、今回の用途はシートの保持のためだけ。

まずは位置合わせ。

このシートは本当にぴったりのサイズのため、かなりきっちりと合わせないとはみ出す事になるので注意が必要。

 

 

 

慎重に作業してもどうしてもホコリが入ってしまう事がある。

 

 

 

 

そこで、今回のホコリ対策の秘密兵器はこちら

液晶シートと一緒にダイソーで買った粘着式耳かき。

セロテープで浮かせた液晶シートの間に差し込んでホコリをひっつけて除去。
粘着棒の色が黒いのでピンポイントでホコリを狙いやすい。セロテープだとどうしても余計なところに着きやすく粘着力も強すぎて気をつかうが、棒で狙いやすいために作業性がいい。

 

 

液晶シートを貼り終わったところ。

恐ろしいほどぴったりサイズです。作業時間は写真を撮りながらで約5分ほど。
アップルマークと”iPhone”ロゴのところはエンボスみたいに凸状ですので少し空気が残りますが、ホワイトモデルでは殆ど目立ちません。液晶シートと粘着式耳かきでしめて210円。コストパフォーマンスは非常に高いです。

※余った粘着式耳かきはスタッフ(自分)がおいしく使わせて頂きました。

Posted in iOS H/W.

Tagged with .